貸株金利収入報告(6月分)

2019-07-04

貸株金利収入

6月の貸株金利収入は…

17,381円

でした!!

1日あたりは579円の収入で、前月比 -263円です。

内訳

先月から変わらずアスカネットのみ保有です。

アスカネット

保有株式数は前月から引き続き2200株です。

なんとGMOクリック証券と楽天証券の貸株金利が今月から逆転し、

GMOクリック証券 < 楽天証券の状態に。

しかも楽天証券は10%に対し、GMOクリック証券は6%の暴挙。

何が起こったんだ…?

楽天証券に乗り換えようにも貸株は買い ~ 貸株完了まで1週間くらいのラグがあるため、

そうそう乗り換えられないのが難点。

GMOクリック証券での金利が早急に戻ることを期待します。

株価は月初に急激に下落しましたが、途中から盛り返してきて終値は1,430円。

5月末とあまり変わらないですねー。戻り基調なので2,000円over期待しています。

まとめ

日中貿易摩擦のさらなる悪化は避けられました。

しかし、まだ何も解決していない状態です。

そんな中、米国長期金利が2%を切り、米国の株価は過去最高値を更新しています。

必ず揺り戻しが来るはずです。警戒しましょう。

特にアスカネットは世界同時株高に追従しないのに、世界同時株安には1.5倍の速度で反応します。

 

2ヵ月貸株金利を監視してわかってことは、貸株金利は常に変動し、証券会社ごとの金利の甲乙も日々変わっていくということです。

最初貸株金利の高さに惹かれてGMOクリック証券で全建玉を持ったのに、

今では楽天証券にダブルスコアで敗北しています。

貸株金利を一番多く貰うための最適解は、

複数の証券会社で貸株を行うことなのかもしれません。